周辺の案内

チャーンガーム・マウンテンビュリゾートから運転できる周辺の観光地を以下にご案内いたします。

4,000年の古代の絵画及びワットルートサワット(カオチャンガム)という仏教寺院で4フィートの足跡の崇拝:ワットルートサワットはリゾートから約2 km離れており、寺院内は大きな木が多くあり、静かで涼しいです。この古代の絵画は、1983年に大きな砂岩の崖で発見されました。この絵画は、赤い色で描かれており、当時の人々の日常生活を表し、約3,000〜4,000年の先史時代に描かれたものだと予想されます。

また、2つの砂岩の彫刻があり、一つはあまり大きくはない迦旃延、もう一つは綺麗に描かれた12メートルの涅槃仏です。さらに、大きいサイズから小さなサイズまでの順に丁寧に描かれ、砂岩に刻まれた「4つの仏足石」を鑑賞することができます。

  
++++++++
カオ・ヤイ・テェン山における風力原動機の展望台
コラートに来る人は必ずここにも訪れる来るべきの観光名所です。ここは、タイ電力公社の監視下にある地域であり、貯水池及び発電に使用とされる大きな風力原動機があることが特徴にあります。多くの観光客が自電車を乗ったり、景色を鑑賞したりする一つの写真スポットです。
++++++++++++

ラムタコンダム :  高さが40.30 メートル、長さが251メートルのダムです。観光客はここから連山で囲まれている水域の綺麗な景色を鑑賞することができます。また、ここでは、釣人にとって天国のようなところです。


++++++++++++
シーキュウ石切り場 :シキオ郡国道2号線205番にあります。ここは、昔の城の建設に使用されていた石源なので、古代クメール文明の繁栄が表れています。また、ここは、小さな岩だらけの丘であり、 上の方に上ってみれば、きちんと四角の溝に切られて並んでいる石が見えます。このことから、昔の人の石切り方法のことが分かってきます。
++++++++++
ワットノーングム (ワットバンプリーヤイナイ仏教寺院): ワットノーングム シキオ郡国道2号線にあります。寺院内では、この仏教寺院を建てたタイの昔の有名な俳優のソラポンチャラトリーさんによる世界最大のソンデットトー修道士の黒色で燻した黄銅像が建てられています。また、寺院内には美しく装飾された建物や庭園もあります。
+++++++++++
カオヤイ国立公園

カオヤイ国立公園はタイで初めて認定された国立公園で、2005年7月に世界自然遺産【正式名称:ドン・パヤーイェン・カオ・ヤイ森林群】にも登録されました。カオヤイとはタイ語で「大きな山」という意味で、その名のとおり面積の85%が森林に覆われ約95種の樹木から成ります。

国立公園の総面積は2,168平方キロメートルで、ナコーンナーヨック県、ナコーンラーチャシーマー県、プラーチーンブリー県、サラブリー県の4つの県にまたがっています。

園内のハイキング道では様々な動植物を観察しながら散策ができます。つる植物や種類豊かな蘭、膨大な数のイチジクの樹、籐、ヤシなどのほか、運が良ければ野生のゾウやトラにも遭遇できます。その他絶滅の危機に瀕した哺乳動物が生息するタイ国内でも数少ない地区のひとつです。また、サイチョウの仲間やズアカキネバドリなど美しく希少な野鳥が生息し、有数のバードウォッチング・スポットとしても人気です。

園内では、ハイキング、ラフティング、キャンプ、トレッキング、サイクリング、ナイトサファリなど様々なアクティビティを楽しむことができます。周辺にはリゾートやゴルフ場、ワイナリーなどの観光施設が充実し、高原リゾート「タイの軽井沢」としても人気を集めています。乾季の12月~2月の夜はかなり冷えこむので防寒着は必需品です。

++++++++++++++
パークチョン野湯:
パークチョン野湯は、ムシ町パークチョン郡のにあり、一年中水が流れていおり、自然に土地から新鮮な水が出てくる水源地です。断層の形になっていることで水が上から下まで流れています。水源地のところ以外、水で遊べます。
++++++++++++++
ゴルフが好きなお客様に対して、チャーンガーム・マウンテンビュリゾートの辺りにあるマウンテンクリークゴルフ場で安い値段でスイング練習などのゴルフサービスを利用することができます。
++++++++++++

なお、ナコーンラーチャシーマ県では、一年中観光客がコラートの文化の美しさを実感できるいくつかのイベント・祭りがあります。それについては、以下に紹介させていただきます。
  • タオスラナリの勝利の記念日: タオスラナリの勝利の記念する日で毎年の3月23日~4月3日までナコーンラーチャシーマ県ムアンナコーンラーチャシーマー郡タオスラナリ記念碑で行われます。
  • ソンクラーンコラート祭り:毎年偉大に行われるコラートのソンクラーン祭りです。
  • 霧中にキク属が咲く展示会: 地方の人の職及び収入を支援する目的にあり、毎年の冬に行われる展示会です。展示会内では、数種類のキク属の販売、コンテスト等の活動とワンナムキアオ郡も自転車のライドイベントも行われます。
  • ピマイボートレース: 村内・外の人々の団結を目的とされ、洪水の季節に開催されるボートレースです。
  • ティアオピマイ文化祭:ピマイボートレースと同時期に開催され、「ピマーイ歴史公園」の観光を促進する目的にあり、毎年11月の第2週の土曜日-日曜日に行われる祭りです。祭り内の活動としては、ピマーイ競馬、ボートレース、仏教のパレード 、パフォーマンス等があります。
  • パクトンチャイ地区の名物及び絹の展示会: パクトンチャイ人々が現地の名物と絹の販売促進をする目的で毎年の12月9日~15日まで行われるイベントです。
  • パクチョンカウボーイシティー: パクチョン区の人々がミトラパープサーイガオロードのカオケーン公園で行われ、パクチョンをカウボーイタウンに変える独特なお祭りです。
  • ムアンソン郡の「ギンカオカム」伝統のイベント: 毎年3月の第2週の土曜日にプラサートムアンケークという所で行われるイベントです。
  • 冬に開催されるフラワーパーク「フローラパーク・ワンナムキアオ」で様々な花や植物を観賞することができます

設備